2015年03月13日

文庫「スイーツ王子とわたしのヒミツ」発売と「恋人はいつもご機嫌ナナメ」翻訳本について

怜です、こんにちは。
先日お知らせした文庫版「スイーツ王子とわたしのヒミツ」が発売しました。

sweets_bunko.jpg


↑↑背表紙付き、カバー画像↑↑
こちらは文庫限定の書き下ろしSS『他愛のない、けれどスイートな一日』を収録しています。聡の視点で綴る短編ですよ〜〜黒ハート

そしてHOTなシーンも(短いですが)入れちゃいましたキスマーク

ラングドシャとか八ッ橋とかエプロンがどうした? とかいう、まあ後日談ですね。
コンパクトな文庫が好きさ〜〜と仰る方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします!


そしてもう一点お知らせがあります。

2012年12月に単行本が発売になった『恋人はいつもご機嫌ナナメ』が、
タイ語に翻訳されて発売しました

詳細な発売日はわからないのですが、おそらく昨年末あたりにタイ国内で発売されていると思います。

契約書を取り交わしたのが1年半以上前。
この間、現地では大規模な反政府デモが起こったりして、ほんとに出版されるのかと心配にもなったのですが、無事に刊行を迎えることができました。

翻訳に携わっていただいた方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

先日文庫と一緒に見本誌をいただいたのですが、残念なことに書影公開の許可が取れていないので、どんな表紙かなどはお見せできません。ごめんなさい。

簡単にご説明いたしますと、表紙はエタニティのカバーを使わずに現地仕様のものとなっております。大きさはエタニティ文庫より縦横一回り小さいですね。
その代り、厚みがあります。

タイの文字ってとってもかわいいです。意味はさっぱりわからないのですが(笑)
また本文内には所々に脚注が付いてます。1ページ目にはオーベルジュ(Auberge)についての脚注がありました。そして何となくですが、大人向けだよ〜〜キスマークのような注意書きがあるような。
(あくまで想像ですが)

書影については現在使用許可を確認中とのことで、もし許可が下りれば後日お見せいたしますね。

翻訳出版なんて、これが最初で最後かもしれません。
いい記念になりました!
嬉しかったので、お知らせしちゃいました。

タイの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


最後に私の近況ですが。
息子の受験と卒業式も無事に終わりました。
いやー、疲れた。
まだまだ4年間の学生生活が残っていて、ここからが一段と教育費のかかる時期なのですが、なんとなく子育ては一段落したかな・・・という心境です。

受験生の皆さん、お疲れ様。
そして同じ年頃のお子さんをお持ちの保護者の皆様、同じくお疲れ様でした。

この数か月、文庫用の短編しか書いておりません。
書きたいものはたくさんあるのですが、どうやって形にしていくか頭の中で整理中です。まだだいぶ先になると思いますが、新しい本をお届けできるよう頑張ってまいりますね。

それでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

怜 拝
posted by 篠原怜 at 23:14| Comment(0) | PRETENSES更新情報

2015年02月13日

「スイーツ王子とわたしのヒミツ」文庫発売のお知らせ

怜です、ご無沙汰しております。

今年初めてのブログになります。いまさらですが、2015年もどうぞよろしくお願いいたします。

タイトルのとおり、『スイーツ王子とわたしのヒミツ』が文庫になります。
発売は3月上旬、文庫だけの書き下ろし短編が収録されています。
公式の案内は⇒こちら

本の内容ですが、本編は何か所か表現をなおしたくらいで、単行本と大きな差異はないです。
書き下ろしのほうは本編完結後の二人の、何気ない、だけどちょっぴりHOTでエロティックなワンシーン……のような感じですかね黒ハート

文庫化の話が来たころ入院の準備中でして、このところエタニティ文庫は、ほぼすべてに書き下ろしが収録されてるようなので、どうなのかな〜〜? と思ってましたらやはり執筆依頼をいただきまして。

あくまでもし良ければ…なスタンスのようでしたが、ごくごく短編だし、執筆期間が入院時期とはかぶらなかったので、他の作家さんの文庫作品にも収録されていることだしと、お受けいたしました。

すでに番外編をふたつほど書いていたので、ネタ切れだったり、つじつま合わせに悩んだりしましたが、相変わらずスイーツに囲まれる聡と、それを見守る麻里の様子を楽しんでいただけると嬉しいです。
発売日等、詳細は追ってお知らせいたしますので。

(ただ、プレゼント企画は今回はお休みさせていただきます。申し訳ない)

それでは、文庫になる『スイーツ王子』をどうぞよろしくお願いいたします。

怜 拝


posted by 篠原怜 at 14:00| Comment(0) | 書籍情報

2014年12月30日

年末のご挨拶

今年も残すところあとわずかになりました。
サイトはたいして動きがありませんでしたが、ご訪問いただき、また出版のお祝いメッセージなども頂戴し、ありがとうございました。

ツイッターをご覧になった方はご存じかと思いますが、今月の初めに5日ほど入院して手術を受けました。

といっても、たいした病気ではありません。

自覚症状もなかったので、一年以上経過観察でした。しかし今年の春に担当医が変わったのでそろそろ手術を考えませんか・・・? という流れになりまして。
腹腔鏡手術だったので、回復は早かったです。術後は長年悩まされていた腰痛が消え、頻繁にあった偏頭痛も大幅に減った気がします(つまりそれらが自覚症状だったのかな?)

手術の直前にウィルス性の胃腸炎にかかったりして体調は最悪だったのですが、今はすっかり元気です。
年末年始の体重増加に要注意ですな(笑)

小説の執筆に関しては年が明けると小さなお知らせが出せる・・・かな? って感じです。

今はですね、ものすごく自分の方向性に迷ってます。
加齢によるやる気の無さや脳の衰え(←ひどすぎる)が、迷いに拍車をかけてるのかもしれないけど、ま、ぶっちゃけると商業は自分の書きたいものを書いてれば良いと言う訳にいかない・・・これに尽きるんですよね。

潔くいろんなものを割り切れない自分のふがいなさみたいなものと戦ってるような感じです。

でもなんとか決着をつけて、前に進まないとだめですよね。
わかってはいるんですけど、なかなかね・・・(-_-;)



我が家は今年の春から家族構成に変化があったのですが、今は年末なので全員そろってます。受験生も約一名。冬期講習に追われ、初詣やアウトレットに行き(だって千葉には大きなアウトレットがいっぱいあるんだもん)、あとはテレビの前でごろごろするくらいでお正月休みは終わっちゃうかな。

そうそう。
今年は京都、博多、別府、湯布院〜〜と訪れました。
久々にJALに乗ったし、新幹線のグリーン車も初体験しました。

とりわけ、大分県が良かった。食べ物も美味しくて、出会った方々が皆さん、良い人ばかり。
この先、人生に迷ったら大分に行こうと思ったくらいです。
各地1〜2日の滞在でしたけど、小説執筆に大いに役立ってくれそうです。

・・・と、ごちゃごちゃ書いてきましたが、この辺で。
皆様も風邪に気を付けて良いお年をお迎えくださいね。
書籍のお買い上げ、アフィリエイトのご利用などありがとうございました。
2015年もよろしくお願いいたします。

篠原怜






posted by 篠原怜 at 20:56| Comment(0) | 雑記