2015年03月13日

文庫「スイーツ王子とわたしのヒミツ」発売と「恋人はいつもご機嫌ナナメ」翻訳本について

怜です、こんにちは。
先日お知らせした文庫版「スイーツ王子とわたしのヒミツ」が発売しました。

sweets_bunko.jpg


↑↑背表紙付き、カバー画像↑↑
こちらは文庫限定の書き下ろしSS『他愛のない、けれどスイートな一日』を収録しています。聡の視点で綴る短編ですよ〜〜黒ハート

そしてHOTなシーンも(短いですが)入れちゃいましたキスマーク

ラングドシャとか八ッ橋とかエプロンがどうした? とかいう、まあ後日談ですね。
コンパクトな文庫が好きさ〜〜と仰る方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします!


そしてもう一点お知らせがあります。

2012年12月に単行本が発売になった『恋人はいつもご機嫌ナナメ』が、
タイ語に翻訳されて発売しました

詳細な発売日はわからないのですが、おそらく昨年末あたりにタイ国内で発売されていると思います。

契約書を取り交わしたのが1年半以上前。
この間、現地では大規模な反政府デモが起こったりして、ほんとに出版されるのかと心配にもなったのですが、無事に刊行を迎えることができました。

翻訳に携わっていただいた方々に、この場を借りてお礼申し上げます。

先日文庫と一緒に見本誌をいただいたのですが、残念なことに書影公開の許可が取れていないので、どんな表紙かなどはお見せできません。ごめんなさい。

簡単にご説明いたしますと、表紙はエタニティのカバーを使わずに現地仕様のものとなっております。大きさはエタニティ文庫より縦横一回り小さいですね。
その代り、厚みがあります。

タイの文字ってとってもかわいいです。意味はさっぱりわからないのですが(笑)
また本文内には所々に脚注が付いてます。1ページ目にはオーベルジュ(Auberge)についての脚注がありました。そして何となくですが、大人向けだよ〜〜キスマークのような注意書きがあるような。
(あくまで想像ですが)

書影については現在使用許可を確認中とのことで、もし許可が下りれば後日お見せいたしますね。

翻訳出版なんて、これが最初で最後かもしれません。
いい記念になりました!
嬉しかったので、お知らせしちゃいました。

タイの皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


最後に私の近況ですが。
息子の受験と卒業式も無事に終わりました。
いやー、疲れた。
まだまだ4年間の学生生活が残っていて、ここからが一段と教育費のかかる時期なのですが、なんとなく子育ては一段落したかな・・・という心境です。

受験生の皆さん、お疲れ様。
そして同じ年頃のお子さんをお持ちの保護者の皆様、同じくお疲れ様でした。

この数か月、文庫用の短編しか書いておりません。
書きたいものはたくさんあるのですが、どうやって形にしていくか頭の中で整理中です。まだだいぶ先になると思いますが、新しい本をお届けできるよう頑張ってまいりますね。

それでは、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

怜 拝
posted by 篠原怜 at 23:14| Comment(0) | PRETENSES更新情報